RECOMMEND
MJBOOK2018
ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック
ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
ジャスティン・ポール,ジャスティン・ハーウィッツ
<< 〈ハーフリム〉 | main |
ギャラリーページを更新しました

びふぉーあふたー

 

ギャラリーページにカットの課題で描いた絵をアップしました。

http://kikorodo.com/gallery.html

↑左は下書き、右がその後です。下書き、そもそも曲がってるし。

 

余談ですが、きのうは引きこもってたので、気の赴くままに『バリー・シール/アメリカをはめた男』(2017年・アメリカ)、『にがくてあまい』(2016年・日本)、『きっと、うまくいく』(2009年・インド)を鑑賞しました。

『バリー・シール/アメリカをはめた男』の実在の人物であるバリーさんの信じられないくらいにヤバい感じが、トム・クルーズが演じることによって「あ、実在しててもおかしくないか……」という説得力が絶大です。

『にがくてあまい』は林遣都くん目当てで見て、その点でいえば非情に満足しました。なんか、もうちょっと、こういう演出じゃなくてもよかったんじゃ……?と思ってしまうシーンもあったんですけど。2次元である漫画ならなじむけど、映像にしちゃうと難しいのかな、みたいな。

『きっと、うまくいく』はインド映画ってすげーな!と思わずにはいられませんでした……。どういう映画かよく知りもせずに見はじめたので不安でしたが、かなりおもしろかったです。笑いあり、涙あり、歌と踊りもあって、社会問題に切り込みつつ、そして恋愛要素も含みつつ、ジャンルとしてはコメディ映画。もっと若いときにこういうの見たかったよー!!ただ、ちょっと長いのが難点(171分)。

| キコロ堂 |